PeerBlock

特定のIPアドレスからのアクセスをシャットアウト

PeerBlockは、特定のIPアドレスからのアクセスを遮断できるIPフィルターです。会社や組織ごとに個別に割り振られたIPアドレスの特徴を利用して、特定のIPアドレスからのアクセスを制限することができます。ウイルスやボットによる不正なアクセスやWebビーコンによる情報収集を防ぐこともでき、ウイルス感染や情報漏えいの防止に役立ちます。 完全な説明を見ます

賛成票

  • IPアドレスを指定して、外部からのアクセスを遮断する
  • 既存のIPアドレスをまとめた「デフォルトリスト」が利用できる
  • 「デフォルトリスト」は4つのカテゴリーから自由に選択できる

反対票

  • IPアドレスを一つひとつ入力するのが面倒に感じられる
  • メニューがすべて英語で記載されている(日本語パッチあり)

良い
7

PeerBlockは、特定のIPアドレスからのアクセスを遮断できるIPフィルターです。会社や組織ごとに個別に割り振られたIPアドレスの特徴を利用して、特定のIPアドレスからのアクセスを制限することができます。ウイルスやボットによる不正なアクセスやWebビーコンによる情報収集を防ぐこともでき、ウイルス感染や情報漏えいの防止に役立ちます。

PeerBlockをインストールすると、タスクトレイに常駐して動作を開始します。基本的な使い方は、制限したいIPアドレスをリストに追加するだけです。ただ、一つひとつ入力していくのは、面倒かもしれません。そこで「デフォルトリスト」として用意された、既存のIPアドレス一覧を利用してみましょう。デフォルトリストは、「スパイウェア」「P2P」「広告」「教育機関」の4つカテゴリーがあり、希望するカテゴリーを選択するだけで自動的にリストへ追加されます。

各カテゴリーにはそれぞれ特色があります。たとえば「スパイウェア」のリストには不正に情報収集を行うボットサイトがあらかじめ多く登録され、「広告」のリストにはWebビーコンなどによる広告追跡を行うサイトが登録されています。ファイアウォールのIPフィルター機能だけでは防げないものも多く含まれています。ファイアウォールを補う形でPeerBlockを導入することで、より強力にPCを保護することができるのではないでしょうか。

ただ、PeerBlockはインストールを含めてすべて英語で表記されています。英語ではよく分からないという場合は、別途配布されている日本語化パッチを導入して、メニューの表記を日本語に変更しておきましょう。

PeerBlockは、特定のIPアドレスからのアクセスを遮断して、不正なアクセスからPCを保護するIPフィルターです。

PeerBlock

ダウンロード

PeerBlock 1.0